“親ガチャ”とは?親ガチャの考え方は自分の成長の妨げになる!?言葉の裏にある驚くべき事実

雑学
スポンサーリンク

最近”親ガチャ”という言葉が流行っています。

親ガチャとは「親は自分で選べない」というものであり、ガチャのように運で決まることを指しています。

 

もともと人間は生れつき公平な生き物ではないです。

虐待する親や貧困の家庭に生まれてしまい、周りとの差がある人は結構多くいると思います。

 

しかし、親ガチャと叫んでいても何も変えることができません。

今回は親ガチャから植え付けられる思考について書いていきます。

 

スポンサーリンク

結論

親ガチャは自分の成長を止めてしまう。
スポンサーリンク

気持ちはわかる

僕も他人の才能を妬むことが結構ありました。

 

高校の部活の時に顧問に言われた言葉で特に意識するようになってしまいました。

部活やりながらも偏差値が高い大学に入れる生徒はたくさんいたんだからお前もできるだろ。

 

この時、高3の部活と勉強をしていた僕にとっては頭にきました。

「どうせあいつらの方が地頭がいいからできるんだよ。俺には部活と勉強を両立できる才能がないんだ。

 

このことで他人の才能を羨ましくなってしまったのです。

 

スポンサーリンク

全て遺伝子で決まる?

“親ガチャ”によって未来は決まってしまうと思いますか?

 

 

答えはノーです。

遺伝子ですべての結果が出てくることはありません。

 

確かに才能を持っている人の方がイージーモードにはなります。

 

だが、才能がない人にもしっかり希望はあります。

 

一万時間の法則

僕が好きな研究です。

一万時間の法則とは、才能よりも努力の量が成果を生むというものです。

 

詳しくはこちらにも書いてあります。

 

1980年代に心理学者ベンジャミン・ブルームの研究で

一流のバイオリニストを対象に、一流のバイオリニストは才能がどれだけあるのか?というものを行いました。

音楽はかなり才能に左右されることがあります。

 

この結果はとても高い才能はあったわけではありませんでした。

子供の時に周りの子どもより少し才能があった程度です。

 

なぜ一流のバイオリニストになれた?

彼らは音楽が好きで、ずっと練習をしていた人が一流になった人が多いのです。

 

幼少期の時は近所の音楽教室で、音楽の楽しさや面白さを実感して、夢中になって練習しました。

そこから成長しました。

 

 

皆さんも夢中になってやってしまうことありませんか?

そのような努力が成功につなげるのです。

 

才能がいくらあっても努力の量には勝てないことがわかります。

 

スポンサーリンク

考え方を変える

このように夢中になって練習するためには考え方を変える必要があります。

 

人には2種類の考え方があります。

成長マインドセットと固定マインドセットです。

  • 成長マインドセット…能力や経験は努力を重ねることによって高めることができると考える人
  • 固定マインドセット…個々人の知能とは持って生まれたものとして固定されると考える人

固定マインドセットはうまくいかないのは自分に才能がないと考えます。

親ガチャの考え方を持つ人は固定マインドセットと同じ考え方に当たります。

 

成長マインドセットはうまくいかないのは自分の努力のやり方や戦略のほうにあると考えます。

成功は自分の行動の改善によって達成できるものと考えるので努力を続けることができます。

 

顧問に言われたとき

顧問に「受験も勉強も両立できる」といわれたときに、

自分には受験も部活も両立できる才能はない
部活をやりながらも勉強のやり方や点数を上げるやり方を見直す
このように考えなければいけませんでした。

自分の行動を見直し、変化させていくことが大切なのです。

 

固定マインドセットのさらなる悪いところ

固定マインドセットは才能のせいにするだけではなく、

自分や状況をよくしようという考えに不安を抱きます。

実際にある研究ではテストが以前よりもいい点が取れてもそうであると信じられなくて不安に思ってしまう結果が出ました。

 

普通なら喜ぶところですが、

努力によって成長が出来ないと考えるので、たまたまできた偶然よかったと考えてしまうのです。

 

このような考え方はよい学習の機会に恵まれても成長できないと考え、成長できるものもできなくなってしまいます。

私はできないではなく、今はまだできないという考えを持つことが大切です。

 

スポンサーリンク

まとめ

これを聞いても貧困や虐待をされている人はどうにもならないと思うかもしれません。

このように受け止めてしまうのもわかります。

 

しかし、その状況を改善する方法は必ずあります。

  • 国や市町村の制度を調べ、生活保護を受ける
  • 教師や友達に相談する
  • 周りの大人に助けを求める

今の状況になってしまったのは仕方ありません。

ですがそれを変えていく努力をしていくべきです。

 

親ガチャに外れても、それを挽回することはいくらでもできます。

 

頑張っていきましょう。

 

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました